釣り旅の達人を目指し!?     魚と人との交歓日記。


by shiho-hohoho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミニハンドクラフト展

b0150023_111535.jpg

週末は、大阪のフライショップ、ビギナーズマムさんのミニハンドクラフト展に行ってきました。たくさんの方で賑わっていました( ^∀^)

おおっきな苺です。
b0150023_11145361.jpg

[PR]
by shiho-hohoho | 2012-02-28 11:17 | 日々

ある早春のひとコマ

ぬー、っと。
ナント最後まで無抵抗(~_~;)
b0150023_113949.jpg

[PR]
by shiho-hohoho | 2012-02-23 11:43 | Fly Fishing

折れる

砕け散るモノども
b0150023_1122949.jpg
ポッキーン。あ~ぁ、ショック(;゚Д゚)!
[PR]
by shiho-hohoho | 2012-02-20 11:24 | Fly Fishing

スケサンカクサン

ただいま九頭竜にむけてタイニング中。赤かわいぃ。これカクサン( ^∀^)
b0150023_20385149.jpg

う~む。。。今年の旅のお供が決まらない(+o+)

乙女の深刻な悩みコト。
今年の相棒が、釣れなくてもコイツとなら、という絶大な信頼たる一本の竿。
が決まらない。

昨年は、#6のジーニアスロッド(名前は忘れた(笑))
これは、旅立つ前より決めていた。
これなら何があっても大丈夫。ここ一番という時の相棒。
さぁ、アイツを釣りに行こう!

初めて立ち向かう川ばかり。
渓流であったり、大河であったりと
ザクっとしたものはあっても
時期とタイミングが合って、後は腕次第
となれば・・・である。

一昨年初めて単身で釣り修行に向かった折、身にしみて感じたこと。
だから真剣に悩む。

久しぶりにshooting Bowを振ってみた。
おっ、いいじゃん♪
一昨年は、私にとってオーバースペック。(川にとってではない;;)
今年は、コイツにしようかなぁ。
昨年同様アイツか。
はたまた何やらよさげなキミがちらついたり。

地元の川ならこない真剣に悩まない。
だから不思議。

てか。
呼び声が近づいた。
遥かなる山の呼び声、が。(映画の見すぎっY(>_<、)Y)

― お前こっちにおると、仕事のスケジュールが組まれへん。
  東京→九州飛ぶにも、大阪に途中下車しなアカン気になるんやぁ。
  (デスクは東京。住まいは大阪(;゚Д゚)フツウのサラリーマンなら・・・首やん)
  しばらく殺人的スケジュールで仕事せなアカンし、アッチ行っといてぇ。

― エー、サミシイコトイワナイデッ♥
  デモォ、オシゴトノジャマはシタクナイカラァ♥♥
  飛ぶわっ!

んで。仕方な~く準備です。
えぇ、釣りの。ですとも(笑)
[PR]
by shiho-hohoho | 2012-02-16 20:59 | Fly Fishing

手のひらの宇宙

b0150023_122083.jpg
手のひらの宇宙に魅せられ

右腕が砕け散りました。
ヽ(*´∀`)ノ パーンと。

包丁握ることも(ニンジンなんて敵!)
Yシャツにアイロンをあてることも
クイックルワイパーでさえ、痛くて痛くて。

よって主婦業解雇v(´▽`)

昨年は釣りと農作業に明け暮れ、なおざりになっていたキャスティング。
フィッシングキャストというものがあるのかどうか知らない;;のだけれども、
華麗で秀逸である我がキャスティングに (ヒャッヒャッヒャッ)

竿が持っているパワーを最大限に使う。

という課題を課してみた。

1週間ほどもがき苦しむと、もともと天才だしょ。
「どしたの。年末と年始では、変わっとるやんけー!」
こんな塩梅(^ω^)まっ、完璧にできるできないは置いといて(^_-)-☆

バックからフォワードへのタイミングを中心に、色んな方々の竿振りを間近に見る。

一瞬で掴む方。(これは難しい。バットがここまで使えるのは羨ましい。)
掴みにいきながら絶妙なタイミングの方。
(長年体に手に染み付いているのだろう。どうしようもなく羨ましい。)
もちろんバックキャストを見ながら振っているわけではない。

この手のひらのなかで行われていることどもに魅せられていた。

で。
調子に乗って、トーナメントロッドを再び振りはじめ、やってはならぬ使ってはならぬことをやってしまった!
ってわけでごあんす。(゜∀。)チーン。

主婦業を解雇され、次に与えられた職務は、

「俺サマのキャスティングを横で眺め褒め称えよ!ウマイウマイと言っておけ!!」

というものだった。

これなら簡単である。
が、これがこれが竿振りよりも難しく、1時間で即刻解雇!!
悔し紛れに、「腕が短い」やら「首が短い」やらを連発したためである。(ケラケラケラ)

次に、一番リスペクトするアスリート室伏さんになろうと思い立ち起業する。
jog中のこと。

いつものように河川敷をえんやこらえんやこらと走っていると、後ろで大きな声がした。
― ん?鍵でも落としたかな。

親切な方が、「おじょうさーん、鍵落としたでぇ。」と言ってくださったのだと思った。

振り返る。

よく大きな声を出している方が、叫んでいただけだった。いわゆる、である。

が、この振り返る、という行為が彼のスイッチを入れてしまったのかもしれない。
目が合った。ように思った。やばいかなぁ、大丈夫だろう。

が、やっぱり真似て走ってきた。追いかけてきた。
まっ、諦めるやろ・・・。
ハァ・・・ハァ・・・。
これだけ距離があれば・・・。
ハァハァハァ。耳元で聞こえる。
うわぁ、真後ろやわ。どうしよう。

「ワタシ、今日パンツはいてないんです!!!」

スラムダンクの赤木キャプテンになってしまうぅぅぅ゚(゚´Д`゚)゚

横に並びかけたと同時に、シューズの紐を直すふりをしながら、踵を返す。
彼の気配が消えた。

諦めたかな・・・。一瞬だけだった。彼の気配を再び全身で感じた。
彼は悪くないんです。振り向いた私が悪いんです。ごめんなさーい:(;゙゚'ω゚'):
と心の中で叫び念じ、河川敷の土手を一気にあがった。橋を渡った。

これ以降、ハッハッという爽やかな息でさえ、ハァハァハァにしか聞こえなくなり。
臨時休業。
またもや職探しの旅。腕は砕け散るやら、恐怖心は消えないやら、どうにもこうにもならないので、シャーマンに頼るしかなくなり。

で、卑弥呼サマに出会うことにした。そうワカサギ釣り界の卑弥呼サマ☆in FURANO

今年も呪術を見せつけられ、胃もガッチリと掴まれました。
なんと旭川にも胃袋を掴む卑弥呼サマがおられ、口の中でサッと消えるお味噌に悶絶。
今年は、お漬物と手前味噌作りをやろうっと♫

んで。
ただいまの職は、お留守番(;´∀`)
[PR]
by shiho-hohoho | 2012-02-14 12:25 | 日々