釣り旅の達人を目指し!?     魚と人との交歓日記。


by shiho-hohoho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黄金いわな!?

数年前の出来事。

当時は、フライフィッシングなるものをはじめた頃で、ただただがむしゃらに渓へと足を向けていました。誰に聞くとも教わるともなく。経験者に同行していただくということもなく。雑誌を見ながら、みようみまね。地図をみて、面白そうな渓へと車を走らす。今思えば、楽しかったなぁぁぁ。本当に。今では、情報網を駆使してのエコな釣り;;

ちょっと脱線しましたが。
その日は、北陸の九頭竜川水系の一つに入ってみました。早朝から、ドライでねらうも、反応なし。あっちぃなぁ、魚おらんのんちゃう?・・・半信半疑でいるうちは、全く釣れません。真昼間になり、ウエットを流す。ほんの数投。こやつが出てまいりました。おぉー!!

33.4センチ。フライをはじめたばかりにとっては、その大きさに狂乱・狂乱。
やったね。うれしいね。

しかし。あれから、幾ばくぞ。このようなイワナにお目にかかっておりません。今さらながら、こやつ珍しいんとちゃう!?北陸にいるイワナは、白っぽいですが。こやつは、さらに白っぽかったゾ。おいおい、オウゴンイワナ?ネットで検索すると、オウゴンイワナは、オレンジが強いやつを言うみたい??よく分からないなぁ。唯の北陸系か・・・。まっ、こんなところが、イワナの魅力かしらね。
b0150023_1071579.jpg

[PR]
by shiho-hohoho | 2008-06-30 09:44 | Fly Fishing

DRY de さつきさん

たどり着いた彼の地。ようやく出会えた彼女。

今シーズン、鳥取の日野川や、岐阜の長良川で、さつきさんがよろしいと、こそこそと噂が流れ始めだした頃、すでに私は、その渓に立っていた。

とある夕まず目、ガンガンの瀬の中から、突如として現れた無数の彼女のお姿。私は、慌ててロッドを振った。投げた。そして、何度も流した。丁寧に、丁寧に。何度も。彼女の姿が、見えなくなっても、彼女にアタックした。当たりすらとれなかった。アタックし続けた充実感と。目の前にいるのに・・・。虚しさからくる疲労感だけが残ったあの日。

ある時は、真昼間のドピーカン。仕事を抜け出した友を連れ立って出かけた。なんと2,3投でキャッチさせた友を横目に、苦虫を噛み潰したあの日。そこにいることだけを信じてロッドを振り続けた。また振られた。


フルサトは、遠くにありて想うもの・・・


それからしばらく彼女から遠ざかっていた。想いは募れども。
私の足は、北陸方面に向かっていた。イワナくんに出会うため。

が、また突如として、ラブレターが届く。紹介いたしますよ・・・。
広島へと方向転換。長年に渡って彼女とやりとりをしている方とご一緒できることになった。

初めての渓に立つ時、なんとも言えない感情が沸き起こってくる。その川の居ずまいがそうさせるのか。

イケル!なんとなくそう思った。ほんと適当な勘では、あるけれども。

ユル~ユル~という流れ。太陽も沈み、静寂に包まれる。遠くでチラチラする蛍。

b0150023_13223318.jpg
ドーン、ドーン。静けさを割った。彼女だ。一気にテンションが上がった。

ほんの1週間前の出来事。
[PR]
by shiho-hohoho | 2008-06-23 13:23 | Fly Fishing

こんにちは。

こんにちは。
鱒さんと出会う旅に出て幾ばくぞ。
今期も最盛期ややすぎてしまった!?感もある梅雨真っ只中in関西。とうとうblogなるものをはじめてみました。なぜ今時期に・・・。
まぁ、思い立ったら、吉日。どうぞよろしくお願いします。b0150023_11134782.jpg
[PR]
by shiho-hohoho | 2008-06-23 11:17 | ごあいさつ